• HOME
  • 樹脂
  • 樹脂製品の製造方法樹脂製品の分類

樹脂製品の加工

様々な樹脂(プラスチック)を加工し、発電設備の電気絶縁部品や
食品機械部品、医療機械部品、メッキ治具などを製造しています。
また、用途に応じて材質選定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

  • 樹脂全般
    を扱っている

    豊富な品揃え
  • 樹脂材料の特長
    を把握した

    材質選定
  • 多様な製造方法が
    行える

    柔軟な対応
  • 1個から5万個まで

    様々なご注文
    数量に対応

樹脂製品の加工・ご相談について

樹脂製品の加工について、お客様のご要望に合わせて、
長年の知識と経験から最適な材質選定、多様な製造方法を行っております。
また、1個から5万個まで様々なご注文数量に対応しておりますので
お気軽にご相談ください。

  • お問い合せ
  • 材質選定・資料サンプルの提供・見積
  • ご注文
  • 製作
  • 納品

 

樹脂(プラスチック)製品の製造方法

樹脂製品の製造方法は以下のような様々な方法があります。

  • 射出成形
  • 真空成形
  • 接着・溶接
  • 押出成形
  • 積層成形
  • 曲げ加工
  • 圧縮成形
  • 注型
  • 打ち抜き加工
  • トランスファー成形
  • 光造形
  • ウォータージェット加工
  • ブロー成形
  • 切削加工(機械加工)

射出成形など成形と名のつくものは主に金型を使って量産する場合の製法で(簡易金型で少量を成形することも可能です)、切削加工(機械加工)などは少量多品種に適しています。

樹脂の分類

樹脂は【熱可塑性樹脂(熱可塑性プラスチック)】【熱硬化性樹脂(熱硬化性プラスチック)】
の2種類に分類されます。

熱可塑性樹脂は加熱すると軟化し流動体になり冷やすと固まって固体になります。
熱硬化性樹脂は加熱するといったんは流動体になりますが、次第に化学変化を起こして硬化し固体になります。

熱可塑性樹脂

熱可塑性樹脂は
●汎用樹脂
●エンジニアリングプラスチック(エンプラ)
に分類されます。

さらに、エンジニアリングプラスチックは
●汎用エンジニアリングプラスチック(汎用エンプラ)
●スーパーエンジニアリングプラスチック(スーパーエンプラ)
に分類されます。

汎用樹脂は以下のようなものがあります。

塩ビ(PVC)、アクリル(PMMA)、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)、ABSなど

汎用エンジニアリングプラスチックは以下のようなものがあります。

MCナイロン、ジュラコン(ポリアセタール POM)、超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)、 6ナイロン、66ナイロン、ポリカーボネート(PC)、PET、PBT、ポリフッ化ビニリデン(PVDF)など


※ジュラコンはポリプラスチックス株式会社の日本その他の国の登録商標である。

スーパーエンジニアリングプラスチックは以下のようなものがあります。

テフロン(PTFE)、PEEK、PPS、ポリイミド(PI)、ポリアミドイミド(PAI)、液晶ポリマー(LCP)など

熱硬化性樹脂

熱硬化性樹脂は以下のようなものがあります。

  1. 紙フェノール積層板(紙ベークライト)
  2. 布フェノール積層板(布ベークライト)
  3. ガラスエポキシ積層板(ガラエポ)
  4. ガラスシリコン積層板
  5. ガラスマットポリエステル積層板など